家庭学習は自発学習の入門

学校の成績を上げるには、当然のことですが、まじめに勉強をすることが一番の近道となります。学校で授業を受ける過程で、各科目の知識は身に着くものですが、よりテストで良い成績を取るのであれば、当然、学校でだけ勉強をしていても厳しいものです。

成績を上げようと思うのなら、学校、そして学校で与えられる宿題以外にも勉強をする必要があります。最近の子供の多くは学習塾に通って、学習をしています。しかし、それ以外にも選択肢はあります。その一つが家庭学習です。

この言葉の意味は、読んで字の如くですが、ただ宿題を漫然とこなすことを家庭学習と呼ぶのはいささか語弊があるといえます。家の中で、目的を持って、学習に取りくんでこその家庭学習です。さて、家庭学習のための教材は多く存在します。特に幼稚園、小学生といった幼い時には、家は遊ぶ場であり、宿題でもないのに勉強をすることはしたくない子供が多いです。前途の教材は、勉強を楽しくするための仕組みが多く組み込まれており、楽しみながら知識を吸収していくことができます。一例として、理科の実験用の付録等が挙げられます。何かを作る過程で、例えば電気の光る仕組みを理解したりと、学校では中々できないことを、教材を通じて学ぶことができます。学習塾に比べると、教材の値段は安いものなので、軽い気持ちで子どもにやらせて様子を見るのも良いかもしれません。